向島の闇金業者で携帯契約詐欺や取り立てで困っている方へ

もしあなたが今、急な金策にたたされネットで今日中に融資可能と書かれていた向島にある闇金サイトに申込をしてしまった。

 

すると、業者から電話がかかってきて勤務先、勤務先電話番号など聞き出され教えてしまう。

 

 

 

すると、「本審査は完了して融資はいつでもできるのですが、状況が悪いので信用情報を回復する必要があります。そのためには携帯電話をローンで契約してもらうのが一番早いのでお願いします。
お近くの携帯ショップについてたら電話をして下さい、いいですね?だいたいで良いので何時ごろになるか教えてもらえますか?」


 

 

 

 

など言われ、おかしいと思っても断れず言われるがままに携帯を購入してしまいました。


 

 

そして、このあと融資になります。それでその携帯は買取業者が高値で買い取ってくれるので詳しくはそちらで聞いてくださいと言われ後日

 

 

「携帯買取の田中です。●●さんですね?今回はありがとうございます。いらなくなった携帯電話をお売りいただけると言うことですね。それでは買取についてご説明します。当社は全国対応の買取を行っており、今から申し上げる住所まで端末を送っていただければ後日、買取料金をお振込致します。今だと1台あたり5万円から6万円になりますのでうちより高く買ってくれるところは無いと思いますね。それと送っていただく際に、SIMカードというチップがあるんですけど、それははずして送ってください。端末だけで結構ですから。では住所ですが、東京都〜」


 

宅配便を使って携帯端末を送ってから2日ほどすると田中から電話がかかる。

 

 

「ありがとうございます。●●さんからの携帯ですが今日確認できました。買取料金の内金として取り急ぎ3280円振り込みますので確認してください。残金は販売が確定したらすぐに振り込みますから」


 

これを最後に、連絡はつかなくなりました。

 

しばらくして闇金業者に電話をすると、

 

「担当者は今、手が外せないので折り返しこちらからお電話するのでお待ちください。では失礼します」


 

とそっけなく電話を切られる。気になり、田中にも電話をかけると、

 

 

「あっ●●さんですね、今手続き取ってますからもう少し待って下さいね。では失礼します」
とこちらも事務的に話をされて電話を切られる。


 

 

その後、融資される気配もなく、口座を確認するも残高が増える傾向も無い。

 

気が付いたときにはもう遅くあなたは闇金被害者になってしまっています。

 

ですが、困って警察へ相談に行ったところ

 

 

 

「お話を伺うと確かに相手が悪いには違いないが、そのまま話を解釈すると、●●さんが詐欺罪に問われる可能性が出てきてしまうんですよ。従って被害届の受理は難しいと思われます。」


 

と言われてしまいます。

 

携帯電話等を販売店からだまし取る行為は犯罪です! :警視庁

 

とあなたは犯罪者扱いになってしまいます。

 

闇金業者にだまされたにも関わらず犯罪者として扱われるなんて納得できませんよね。

 

では、あなたはどうすればいいのか?

 

あなたは、弁護士に相談するしか方法はありません。

 

携帯電話買取詐欺についてはこうした実話が後を絶たちません。

 

携帯電話を送る前に気づけば対策も有効手段となりえるが、携帯端末を送ってしまった後では、本人過失も問われてしまうことを忘れてはいけません。

 

過失がある人を助けてくれるのは弁護士の他はいないのが現実です。

 

 

向島の闇金業者に強い頼りになる闇金専門弁護士

弁護士法人サルート

1|闇金向島で


ヤミ金解決15,000件の実績を持つ、どんな案件にも対応可能な弁護士事務所
初期費用、相談料0円で費用は分割可能。家計の状況に合わせ、弁護士費用の支払いも柔軟に対応。15000件の解決実績が有名。
弁護士 水野 正晴(第二東京弁護士会 第15165号)

 

1|闇金向島で


 

 

ウイズユー司法書士事務所

2|闇金向島


相談実績月700件の信頼ある司法書士事務所
全国対応、相談は無料、365日24時間相談受付、後払い分割払い可能、迅速に対応し、取立てをやめさせる実績多数。
司法書士 奥野正智 大阪司法書士会会員 簡裁認定司法書士 第312416号
司法書士 松岡慶子 大阪司法書士会会員 簡裁認定司法書士 第1212077号

2|闇金向島

 

 

向島で、闇金でしんどい思いをしている人は

イメージ
向島で、闇金のことで悩まれている方は、とても沢山いらっしゃいますが、どなたに知恵をかりたらいいのか見当もつかない方が大部分だと思われます。

 

はなからお金に関して悩みを聞いてくれる相手が仮にいたなら、闇金からお金を調達しようとすることは防げたかも知れません。

 

闇金の世界にタッチしてはいけないのと比較できないくらい、その事について頼りがいがある誰かについてかぎわけることもよくよく考える肝心なことでもあるのです。

 

なぜならば、闇金に関して悩んでいるのを口実にしてますます悪どく、さらに、お金を借金させようとする卑怯な人々もやはりいます。

 

やはり、闇金に関するもめごとに関して、実に間違いなく悩みを明かすなら専門知識のあるホットラインが向いてるだろう。弁護士事務所なら、安心して悩みに関心をもって対応してくれますが、相談するお金を発生する現実が数多くあるため、きちんと把握してからはじめて教えを請う重要さがあるのは間違いない。

 

公共の相談窓口といえば、消費者生活センターとか国民生活センター等のサポート窓口として有名であり、相談料なしで話を聞いてくれます。

 

ところが、闇金関係のトラブルを抱えているのをあらかじめわかって、消費生活センターの人のふりをして相談事に受け答えをくれる電話があるため要注意です。

 

自分から相談話をしない限り、消費者生活センターからの電話がかかってくることは少しも皆無ですから、気軽に電話に応じない様に気をつけることが重要不可欠です。

 

闇金トラブルなどは、消費者の立場に立っての多彩なトラブルを解決するためのサポートセンターそのものが各々の自治体に備えられていますから、ひとつずつ各自治体の相談窓口のことをしっかり情報を集めましょう。

 

そしてまず、信憑性のある窓口を前にして、どんな方法で対応したらいいのか尋ねてみましょう。

 

けれども、とてもがっかりすることは、公の機関に対して相談されても、実際的には解決にならないパターンが多くあるのです。

 

そういった事態に頼りにできるのが、闇金トラブルを中心的に扱っている法律事務所です。

 

実力にたけた弁護士らを下記にある通り掲載していますので、是非ご相談ください。

 

闇金関係でつらい思いをしている方

イメージ
向島でお暮らしの方で、もしかりに、自分が今、闇金について悩みがある方は、とにかく、闇金とのつながりを絶縁することを考えよう。

 

闇金は、お金を払い続けようが借金がなくならないシステムが普通です。

 

どちらかというと、払えば払うほどかりた額が増殖していきます。

 

そういうことなので、できるだけ急いで闇金と自分との結びつきを絶縁するために弁護士さんに対して頼るべきなのだ。

 

弁護士はお金が必要ですが、闇金に返済する金額と比較するなら払えるはずです。

 

弁護士に支払う料金は5万円ほどとわかっておけば問題ありません。

 

予想ですが、前もって支払うことを命令されるようなことも不必要なので、楽な気分で頼みたくなるはずです。

 

再び、あらかじめ支払うことを頼まれたら信じられないと感じたほうがいいだろう。

 

弁護士の方をどんなふうに探すべきかわからないのなら、公的機関に問い合わせれば状況にあった人物を見つけてくれるはずです。

 

こうやって、闇金業者とのつながりをやめるための手口やロジックをわかっていないと、一生闇金に対してお金を支払い続けていくのです。

 

恐れ多くて、でなければ暴力団から恐喝されるのが怖気づいて、残念ながらまわりにも言わないで金銭を払い続けることが100%良くない考えだと断言できます。

 

もう一回、闇金業者から弁護士の紹介話があったら、即刻断る意思をもつことが必要です。

 

とても、ひどいトラブルに対して入り込んでしまう心配がアップすると思い浮かべましょう。

 

本質的には、闇金は違法行為ですから警察に伝えたり、弁護士に相談することがあっているのです。

 

もしも、闇金との関係が穏便に問題がなくなればこの次は借金という行為に足を踏み入れなくてもすむような、まっとうに生活を迎えましょう。

 

あなたが不本意にも、または、気軽に闇金に関係してしまったら

イメージ
ひとまず、自分が仕様がなく、いいかえれば、スキがあって闇金に関与してしまったら、その縁を切ることを決心しましょう。

 

そうじゃなかったら、一生お金の支払いが終わりませんし、恐喝にひるんで日々を過ごす可能性がある。

 

その時に、あなたに替わって闇金関係と戦ってくれるのは、弁護士や司法書士などです。

 

当たり前のことながら、そのようなところは向島にも当然ありますが、つまるところ闇金を専門とした事務所が、非常に心強いでしょう。

 

真剣にすぐに闇金のこの先にわたる脅しにたいして、かかわりたくないと思うなら、できるだけ急いで、弁護士または司法書士に打ち明けるべきです。

 

闇金業者は不法行為に高い利息を付けて、すまして金銭の返済をもとめ、借り手自信を借金まみれの人生にしてしまうのです。

 

理屈の通る相手ではまずないですから、専門の方に意見をもらってみるべきだ。

 

自己破産すると、金欠で、生活するところもなく、やむなく、闇金業者から借金してしまうかたちになるのです。

 

けれど、破産そのものをしていますから、借金返済が可能なわけがないのです。

 

闇金業者より借金をしても仕様がないと考えている人も以外に沢山いるようだ。

 

その理由は、自分のせいでお金が足りなくなったとか、自己破産してしまったから他、自省する心づもりがあったためともみなされる。

 

かといって、そういう考えでは闇金関係の者にとっては自分たちが提訴されないという予想で不都合がないのです。

 

とにかく、闇金との接点は、自分自身に限られた心配事とは違うと感じ取ることが重大です。

 

司法書士・警察に相談するならばどんな司法書士を選び抜いたらいいかは、インターネット等を駆使して見ることが難しくないですし、このページでもお披露目しております。

 

また、警察や国民生活センターへの相談も良策です。

 

闇金の問題は完全解決を目標にしていますから、気を配って相談話を聞いてくれます。

 

更新履歴